HOME>トピックス>初めて家を売るなら

急いでいる時にピッタリなのが直接売却

住み替えなどで家を売る場合は不動産屋に相談するのも一般的ですが、売却方法には直接売却と仲介販売、そして代理販売などがあります。例えば不動産業者に物件を買い上げてもらうことは直接売却のポピュラーなスタイルであり、3つの中では最も早く現金が手に入るため、枚方市の家を急いで売りたい時にピッタリです。また、直接不動産業者へ売るため、仲介手数料も不要となっています。

仲介販売は人気の売却方法

仲介販売は枚方市でも不動産の売り方として多く見られる方法で、買主との間に不動産会社が入り、家の売却をサポートしてくれます。そして、仲介販売には1社としか契約できない専属専任媒介契約から、複数社と仲介契約を結べる一般契約まで、ルールが異なる契約種別があるのです。

仲介販売のルール

仲介販売では不動産屋の役目はあくまで仲介なので、売買契約を結ぶ時は、売主として買主と契約を交わすことになります。そのほか、売主と買主の間に入る不動産会社は1社だけとは限らず、枚方市で家を売る際も、売主側の仲介会社と買主側の仲介会社が別々というパターンもあるのです。

業者に一任できるのが代理販売

業者と代理契約を結び、業者側が売主となって不動産を販売するスタイルが代理販売です。なので仲介販売と違って自分が買主と売買契約を結ぶ必要はなく、契約作業も業者が代理で行ってくれます。そこで、枚方市で不動産を売る際は、それぞれの違いを知って最適な売却方法を選びましょう。

広告募集中